Wantedly(ウォンテッドリー)で求人するメリットとは?向いている業界・職種はある?

多くの企業が人材を欲するとき、必ずといっていいほど利用することになるのが求人情報サイトという存在です。

昨今のインターネットの情報拡散力は凄まじく、場合によっては求人情報を載せることそのものが企業の広告になりえかねない程の力があります。

しかし求人情報サイトはインターネット上に現状数え切れないほど存在し、今もなお増え続けている状態です。

そんな数の求人情報サイトの中から自社の求人をどこに載せるかというだけで一つの悩みになってしまいますが、この記事では数ある求人情報サイトの中でも「Wantedly(ウォンテッドリー」というサイトをおすすめしたいと思います。

 

記事を読んでいる時間がない・・・・・・!

そんな方にはWantedly(ウォンテッドリー)早わかりガイドがおすすめ!

>>Wantedly早わかりガイドはこちら<<

Wantedly(ウォンテッドリー)とは

東京都港区白金台に存在しているIT企業、それがWantedly(ウォンテッドリー)です。

Wantedly(ウォンテッドリー)は同名の求人情報サイトを所持しており、事業内容も主にその求人情報サイトの運営、企画、開発などとなっています。

別サイトやSNSなどで単にWantedly(ウォンテッドリー)と呼ばれている場合、基本的にはこの求人情報サイトの方のWantedly(ウォンテッドリー)を指していると思って間違いないでしょう。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)の目的は、多くの求人情報サイトと同じく、就職先を探している人と人材を探している企業を巡り合わせることです。

企業の求人ページを掲載して応募者を集めるというやり方も同じです。

しかしその他の点でWantedly(ウォンテッドリー)は他の求人情報サイトとの大きな違いを持っています。

例えばWantedly(ウォンテッドリー)では人材を募集するために求人ページを掲載する際、給与や待遇などの条件を記載することがNGとされています。

これはWantedly(ウォンテッドリー)が持っている「シゴトでココロオドルひとをふやす」という理念から生まれたものです。

求人ページに給与や待遇などの記載をNGとすることで、企業は求人ページで自社の魅力や雰囲気などしか伝えることができなくなります。

だからこそ、その分魅力や雰囲気を紹介することへの力の入れ具合が他の求人情報サイトに比べ何倍にも増します。

実際Wantedly(ウォンテッドリー)に掲載されている求人ページを覗いてみると、他の求人情報サイトに掲載されているものと比べても非常に見た目麗しいものが多く、既存社員のストーリーを通して企業が自社の魅力を伝えようと尽力しているのがわかります。

魅力や雰囲気の伝わりやすい求人ページを掲載すれば、そこで募集してくる人材は必然的にそのような会社の雰囲気に惹かれ、共感した人たちばかりになります。

 

給与や待遇に惹かれて入社したは良いものの、その会社の雰囲気が自分に合わず「シゴトでココロオドラナイ」状態になってしまって、結局その人は長続きせずにやめてしまったというパターンはどこにでも多くあるものです。

しかし会社自体に惹かれて入社した人にそんな心配は存在せず、確実に「シゴトでココロオドル」状態になって職場でも長続きするというのが、Wantedly(ウォンテッドリー)の理想とするところのようです。

 

その他にもWantedly(ウォンテッドリー)はSNSとの強い連携やfeed記事(ブログ記事)作成機能など、他の求人情報サイトでは見られない斬新な要素を持っており、今までの求人情報サイトとは一線を画した新しい求人情報サイトであると言えるでしょう。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)で求人するメリット

マッチ度の高い採用が可能

Wantedly(ウォンテッドリー)では給与や待遇の記載がNGとされていることは記したとおりですが、そういった制限を設ける利点の一つに、募集ページを見た人が数字に惑わされにくくなるというものがあります。

つまり他の求人情報サイトであれば給与や待遇などに割く分の意識を、社風や雰囲気などといった部分に集中してもらえるのです。

Wantedly(ウォンテッドリー)の募集ページが魅力的に彩られているのは、そういった部分に意識が向けられるのを理解しているからこそ、雰囲気をより良く見せようとした結果だと思われます。

 

給与や待遇であれば、どんな人でもより良いものを求めるのは当然ですが、社風や雰囲気といったその企業の個性の出る部分ではそうはいきません。

見る人見る人それぞれにマッチする雰囲気、マッチしない雰囲気が存在し、どんなに新人に優しく居心地のいい雰囲気の企業でも、それが合わないと感じる人は必ずといってもいいほどに存在します。

逆に言えばどんな雰囲気であったとしてもそこにマッチする人は必ず一定数存在し、その雰囲気が如実に現れるWantedly(ウォンテッドリー)の募集ページからのエントリーであれば、企業とのマッチ度が非常に高い人からのものである可能性が高いです。

 

やりがい重視の人材を採用できる

Wantedly(ウォンテッドリー)の募集ページに記載する内容は会社によって大きく異なってきますが、どのページにも業務内容や企業実績は必ずと言っていいほど入っています。

これは大抵の場合、業務内容や企業実績がその会社の魅力や雰囲気に大きな影響を与えているからであり、そのことは仕事を探しにWantedly(ウォンテッドリー)の募集ページを見に来る人の大半も理解していることでしょう。

そしてそういった人たちがWantedly(ウォンテッドリー)の募集ページを見るときにまず注目するのが会社の業務内容や企業実績です。

その2つを中心に他の項目や文章を読んで「自分もここで働きたいな」と感じてエントリーを始めます。

つまりWantedly(ウォンテッドリー)の募集ページからあなたの会社に応募する人は、給与や待遇などを度外視した仕事へのやりがいを求めてエントリーしたという人が多くなるということです。

そうやって入ってきてくれた新入社員は、当然仕事で手を抜かない優秀な人材になりえます。

そんな社員を集めることが出来れば、募集時には給与や待遇面が多少悪かったとしても、徐々に改善していくことも可能になるでしょう

 

会社を紹介する資料としても使いやすい

Wantedly(ウォンテッドリー)の募集ページは、給与や待遇を記載できずできるだけ魅力や雰囲気を伝えなければいけないという性質上、自社に関する情報を可能な限り事細かに載せる必要があります。

とは言っても、今までの売上や企業実績などの数字を羅列して載せてしまっては見ている人の興味を削いでしまう可能性が高く、できるだけわかりやすく簡潔に、なおかつ雰囲気を正確に伝えられるよう内容を考える必要が出てきます。

こうして作成されたものは、ひと目見て会社のことがよくわかり魅力もよく伝わってくるようなものになるので、会社のことを誰かに紹介する際には最適な1ページとなることでしょう。

 

多くの求人情報サイトでは社風や雰囲気を伝えるような文章は必要最低限でしか書けないことが多く、また給与や待遇にページを見る人の意識が割かれることがわかりきっているために力を入れる意味が少なくなってしまいます。

さらに給与や待遇も見せる時期や対象によって大きく変わることもあり、会社を紹介するページとして使うには中々難しいということが多いはずです。

その点Wantedly(ウォンテッドリー)の募集ページなら、そもそも給与や待遇の記載が許されていないということもあって、誰にでもいつでも自信を持って見せられるような紹介資料になりえるでしょう。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)での求人の向いている業界・職種

IT

求人情報サイトであるWantedly(ウォンテッドリー)の募集ページを覗くのは、当然ある程度PCなどに強い若者が多いです。

IT業界は他の業界と比べても特に強くそういった人材を求めていると言えますので、他の求人情報サイトよりWantedly(ウォンテッドリー)での求人を行うべきでしょう。

 

マーケティング

マーケティング業界もIT業界と同じく、ある程度PCなどに強い若者を求める傾向にありますが、マーケティング業界でそれ以上に大事なのは、コンテンツごとの情報拡散力をどの程度把握しているかではないでしょうか。

特にSNSの情報拡散力は凄まじく、SNSから知る機会の多いWantedly(ウォンテッドリー)を見つけた人材というのは、それだけで少なくともSNSの情報拡散力はわかっている可能性が高いです。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)で求人する際の注意点やポイント

魅力や仕事のやりがいを文字に起こすこと

やはり給与や待遇を記載できないWantedly(ウォンテッドリー)において重要視されるのは、会社自体の雰囲気や魅力、仕事のやりがいなど本質的な部分になってきます。

Wantedly(ウォンテッドリー)で募集ページではどれだけ会社の雰囲気や魅力を見ている人に伝えられるかが一番重要になるので、作る際には特に意識するべきでしょう。

例えば、そこで行う仕事はどういったことに繋がり、どのような人達の役に立っているのか、具体的に記載すれば仕事のやりがいがわかりやすいですし、その仕事を通してどのような事があったかをfeed記事で日記調にして公開すれば魅力も伝わりやすくなるかと思います。

 

改めて自社の文化や魅力を見つめ直すこと

自分のいる会社のこととはいえ、普段から意識していない限りは意外とその良さについて理解できていないものです。

Wantedly(ウォンテッドリー)に募集ページを作るからには、自分の会社への理解度を深めることは避けて通れない道です。

これを機に会社の全容を把握するつもりで、社内の様々な人に会社について聞いてみるのも良いでしょう。

社内の文化とは常に変化し続けるものなので、意外と知っていたつもりの文化が他社の視点から見ると別物に見えることもありますし、自分より長く勤務している方に話を聞けば、全くの初耳というようなエピソードを聞ける可能性もあります。

そして何より、会社を良く思っている方に話を聞けば、一人では気づきようのなかった魅力について知ることができるでしょう。

 

初回面談から採用までしっかり相手と話し合うこと

Wantedly(ウォンテッドリー)は企業にマッチする人をめぐり合わせ、シゴトでココロオドルひとをふやすというのが基本的な方向性であり、ページ内の様々なシステムもすべてそのために備え付けられていると言っても過言ではありません。

その特色を活かすには、採用を焦ってしまってはいけません。

企業側も、自分の会社にマッチする人材しか採用しないくらいのつもりで慎重に採用を行うことで、はじめてWantedly(ウォンテッドリー)の機能は十全に役目を果たすことができます

そのためにはエントリーしてくれた人材との面談は決して怠らず、また最後の面談まで自分の会社にマッチするかの判断をしっかり行い続けることが大切でしょう。

もちろんWantedly(ウォンテッドリー)の募集ページを見てエントリーしてくれた人材であれば高確率でマッチするのは間違いないのですが、それでも画像や文章からは伝わらない部分で致命的に噛み合わないという場合もないわけではありません。

またそういった部分が一度の会話で露見するとも限りません。面談は手間をかけてしっかり行いましょう。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)で求人してみよう!

Wantedly(ウォンテッドリー)で募集ページを掲載すれば、他の求人情報サイトで募集ページを掲載するより、高いマッチ度の人材を採用することができます。

とくにWantedly(ウォンテッドリー)を使って仕事を探す人はやりがい重視で仕事を探している人が多い傾向にあります。

募集ページを作る際には仕事や企業の魅力ややりがいをわかりやすく記載する必要があるため、しっかり事前調査することが大切です。

Wantedly(ウォンテッドリー)を十全に活かすには、エントリーしてくれた人材を焦って採用せず、十分に面談をして手間をかけた採用をすることが大切です。

 

もしこれらのことを意識してWantedly(ウォンテッドリー)を運用しても、期待していたほどの成果が得られないのであれば、Wantedly(ウォンテッドリー)の運用代行を検討してみましょう。

おすすめのWantedly(ウォンテッドリー)の運用代行企業は、Wantedly(ウォンテッドリー)に限らず企業が直接採用を行う「ダイレクトリクルーティング」に精通している企業です。

ダイレクトリクルーティングの基本がわかっていなければ、Wantedly(ウォンテッドリー)をうまく活用できないからです。

ダイレクトリクルーティングに精通しており、かつWantedly(ウォンテッドリー)の運用代行を行っている企業の例として、株式会社ダイレクトソーシングがあります。

ダイレクトソーシング社はWantedly(ウォンテッドリー)だけでなく、LinkedIn(リンクトイン)での採用代行も行っており、対国内だけでなく対国外の採用活動にも詳しいです。

もじ自社でWantedly(ウォンテッドリー)を運用してみても結果が得られないのであればプロに相談してみてはいかがでしょうか?

 

株式会社ダイレクトソーシング

>>Wantedly(ウォンテッドリー)について相談する<<